池袋クリニックの最新治療で乳癌の転移を防ぐ

がんは死ではない

これまでがんになってしまうことで、死を覚悟していました。しかし、がん治療の発達によって今現在の医療技術だと治療できる可能性が出てきているのです。その中でも最も期待できる治療が細胞療法になります。この細胞療法ではメスなどで治療を行うことはなく、点滴のみで治療を行っていきます。そのため、体に負担をかけることなく治療ができるのです。だから、がんと診断されたとしても医師の指示通り治療を進めることができれば、しっかりと治すことができます。あきらめずに医師と一緒に治療に専念しましょう。

がんについて

カウンセリング

がんの仕組み

最近のがんの中でも一番注目を浴びれいるので乳癌になります。こちらのページでは乳癌治療について詳しく説明しています。

READ MORE

乳癌で転移しやすいランキング

no.1

リンパ節

第1位はリンパ節になります。リンパ節に最も転移しやすい理由というのが、最も近いということになります。そのため1番初めに転移しやすいのです。リンパ節に転移することで体に痛みが生じるなど様々なトラブルが起きてしまいます。だから、定期的に健診に行き詳しく調べる必要があるでしょう。

no.2

第2位は肺です。肺というのは、体全体の血液をコントロールしている部分で、転移する確率が最も高い臓器になります。また、肺に転移することで血液を全身に送る際に転移するがん細胞を送ってしまい、別の場所に再び転移してしまう可能性があるのです。そのため、肺には気を付けないといけないのです。

no.3

第3位は骨になります。骨に転移してしまうと、骨自体が弱ってしまい、少しの衝撃が加わっただけで骨が砕けてしまうのです。また、骨にがんが転移することで普段は感じることのない足の痺れなどを感じる場合もあります。そのため、普段の体の状態でないと感じた場合はすぐに病院にいきましょう。

あきらめないがん治療

ドクター

免疫細胞療法

免疫細胞療法が最近注目されていますが、その中でNK細胞といったものががんの進行を止めてくれて、さらに殺菌してくれると話題になっているのです。このNK細胞というのは、高い免疫力を持っておりがん細胞となったウィルスなどを消してくれる効果があります。NK細胞の繁殖は早くすぐにがんの原因となっているがん細胞に結合して殺菌してくれるのです。この治療では、投与するだけなので体に無駄な負担をかけることなく、治療することができるのです。高齢の方でも点滴での投与治療となるため、安心して治療を受けることができます。

樹状細胞療法

樹状細胞療法はまずは体の外で多くの細胞を作り上げて、そして体に返すことによってがん細胞を消滅させるといった治療方法になります。この樹状細胞は体内で組織となり、がん腫瘍に対して効果的に働いてくれるのです。さらに、がん細胞がすべて消えるまで戦ってくれます。この治療に関しても、細胞を体内に投与するだけなので、体に無駄な負担をかけることなく治療を行うことができるのです。

新着情報