がんが引き起こす問題について

乳癌の健診を受けましょう

最近では、乳癌にかかる患者が増えており様々な場所で乳癌の検診が実施されています。乳癌の検診を定期的に行うことによって早期に発見することができ、症状がひどくなる前にしっかりと対処することができるのです。実際に今現在乳癌の検診を受けているのは、全体の約半分でその割合を上げることが今後の課題となっています。ぜひまだ乳癌の検診を受けていないという方はこれを機に治療を受けるようにしましょう。

がんについてよくある質問

がんは誰でもなる可能性がありますか。

可能性はあります。がんというのは、全員に関係のある病気なので、いろいろと知っておく必要があるでしょう。がんといっても様々なタイプのがんがあります。今の医療技術であれば、早期に発見することで完全に克服することができるのです。だから、がんとしっかり向き合っていきましょう。

がんは人から人へと移りますか。

がんは基本的に人から人へと移ることはありません。がんというのは、細胞が破壊されたことによって起きてしまう症状になります。また、がんの原因に関して未だにわかっていないこともいいのです。がんとなることで、いろいろな問題が生じますが、しっかりと向き合って治療することできっと解決することができます。

がん細胞とは一体なんですか。

がん細胞というのは、人間の体内の中で異常発生した細胞なのです。普通の細胞であれば、体内の状況によって増殖したり、減少させたりすることができます。しかし、がん細胞の場合は、体の状況関係なく、どんどん増え続けるのです。がん細胞は、異常な細胞という認識でいいでしょう。

がんの治療方法には一体どういったものがありますか。

がんの治療方法には、手術や薬物療法、放射線治療などが挙げられます。それぞれ最先端の技術によって行われる治療となります。しかし、副作用によって様々な部分に影響を及ぼしてしまうのです。そこで最近では副作用のない治療方法が開発されており、注目を浴びています。その治療方法が細胞療法になります。細胞療法によって、がんの原因であるがん細胞を死滅させることができるのです。

がんを防ぐことはできないですか。

がんは未然に予防することができますが、防ぐことは難しいのです。なぜならば、がんは何が原因で起こるかが分からないのです。そのため、様々な対策を考えたとしても、がんになってしまうことはあります。しかし、がんのなりにくくするために出来ることは数多くあるのです。もし、がんになりたくないのであれば普段の生活から気をつけて生活を送りましょう。

がんの仕組み

カウンセリング

乳癌とは

乳癌というのは、乳腺という場所から発生する癌となります。乳腺はいくつか存在しており、栄養を得る際に乳管という部分を通って栄養がきます。その乳管からがん細胞を来て、知らず知らずの間にがんの腫瘍ができるのです。乳癌のほとんどがこれ原因となっているのです。

乳癌の種類

乳癌には、非浸潤がんと浸潤がんが存在します。非浸潤がんというのは、見た目から分かりやすいもので、その部分を切除することで、完全に治療することができるのです。検査でも見分けることができるので、早期に治療するようにしましょう。一方の浸潤がんに関しては、しこりを触ってみて見つかることが多いです。また、別の臓器や細胞に転位する可能性が高いので、早期な治療が必要となります。

転移について

転移することによって、治療がさらに難しくなってしまいます。そのため、がん治療に関しは転移する前に治療しておきたいです。そのため早期発見早期治療がとても重要になります。また転移することによって治療にかかる時間が増え、体に負担をかけてしまうのです。

転移する時期

がんが転移する時期というのは、がんが増殖するタイミングになります。そして、増殖すると全身に流れてしまい、転移してしまうのです。免疫細胞もありますが、がん細胞の増殖が著しく対応することが難しいです。がん細胞は新たな場所に移動すると再び増殖していくのです。